育成スクール概要

“The most important thing in living is knowledge”

"人が活きていく上で最も重要なものは「知識」だ”

 

当プログラムでは習得した知識を実践しながら

あらゆるビジネスで活かすことができるユダヤ教育を題材にしています。

ユダヤ教育におけるプログラム

ユダヤ人とは…?

 

世界人口の0.2%しかいないにも関わらず、世界の富の50%を占めているといわれる民族。

彼らは迫害されてきた歴史から力で簡単に奪われてしまう財産よりも奪うことのできない『知恵』を習得し代々受け継いできた。

ゆえに、世界のあらゆる金融システムもユダヤ人が構築し実にノーベル賞受賞者の22%がユダヤ人であります。

日本の現状として、「1100兆円を超える借金問題。年金2000万不足問題。年金支給開始年齢の引き上げ。大リストラ時代に突入。GDPの低水準(豊かさを表す指標であり1人当たりの国内総生産)」など、もはや国や組織に頼る時代は終わり自らが変えていくことが最重要になっています。

 

これらの問題を政府は国民に改善を求め企業側へ副業解禁も指令しています。

すなわち「自身で資産形成してくださいね」という時代にならざる負えなくなったということです。

海外と日本の差

先進国では積極的に金融教育が行われており中でもアメリカでは「個人がお金を稼ぐ、守る、貯蓄、投資する、使う、借りるための知識」を子供のころから教育を受けています。

「FIRE」という自立した活き方

FIREのモデルプランにはまず1年間に必要な生活費を計算しその25年分を貯める。さらに預金を投資などで運用し利益を生活費に充てることで若くして引退を可能にする動きが活発化しています。運用のメリットと投資の知識を十分に習得しているからこそ実現できています。

海外で投資は当たり前

アメリカでは保有資産の50%以上を資産運用しておりユーロエリアでは30%以上に対して日本はわずか16.8%しか運用していないことが分かります。


上手くいかない人の特徴

・選択に必要な情報と判断基準を知らない

・自分の収入目標や現在の経済状況に沿った稼ぎ方をしていない

・結果を出すための原理原則、マインドセットが出来ていない

(具体例)

金融知識がないまま安易に投資して出資先が飛んでしまったり…

SNSで見かけるバイナリーオプションの誰でも簡単に稼げます!というものに騙されてしまったり…(いかにも怪しいですよね)

では、うまくいくために最も有効な手段とは?

 

【すでに成功している人や憧れの人の行動や考え方をマネすること】

 

・お金を稼ぐ3つの原則

・いいビジネスの種の見分け方

・最強の交渉術

・To Be ASTAR学習法

・マネーブロックを外す方法

・権利収入のポートフォリオの作り方

 このコミュニティスクールでは1年かけてユダヤに伝わる4大資産構築法を学んでいただき実際に実践していきます。